ダイエット リバウンド

リバウンドと生体恒常性機能

リバウンドとダイエットとの間には、
明確な関係性があります。

 

リバウンドが発生するのは・・・

 

減量がきっかけになって、
生体恒常性機能が活動するためだといいます。

 

生体恒常性機能・・・
なんだか難しい言葉ですね。

 

「生体恒常性機能」とは外部環境(体の外から受ける影響)が変化しても、

一定の状態を保とうとする、生物の自己防衛機能のことです。

 

ダイエットの場合、外部環境とは

  • 「体重の急激な変化」
  • 「摂取カロリーの減少」
  • 「摂取栄養素の変化」

 

などがあげられます。

 

上記の様な変化が起こると、
体生体恒常性機能が働き、

 

より少ないカロリーで生活できるように体が変化し・・・

 

逆に痩せにくくなってしまうのです。

生体恒常性機能で、どうなる?

リバウンドの仕組みについて、
もう少し詳しく説明しましょう。

 

リバウンドの背景にあるのは、
生体恒常性機能という体の働きと紹介しました。

 

これは、
外部環境が変わっても生命活動を営み続けるための重要なものです。

 

体に必要なエネルギーは、
普段は食事からまかなっています。

 

何らかの理由で、
食事量が減ると体内のエネルギーが枯渇し、
生体恒常性機能が機能します。

 

今までダイエットをして、
食べている量やカロリーを抑えているのに、
体重が減らなかった例が少なくありません。

 

または、反対によけいに体重が増えてしまった・・・
と言う人もいるかと思います。

 

まさにそれが、
生体恒常性機能が働いて、

 

食べ物の吸収力をあげて、
消費エネルギーが減ってしまった為に起こった現象なのです。

 

いくら低カロリーの物を食べても、

 

痩せにくい体・・・
リバウンドしやすい体質になってしまったと言う事です。

楽してリバウンドを防ぐ

いくら低カロリーの物を食べても、

 

痩せにくい体、
リバウンドしやすい体質になってしまったては、
全く意味がありませんね。

 

せっかく、食べたい物を我慢しているのに・・・

 

減量の努力が実を結びづらくなってしまうなんて・・・。

 

一度リバウンドをしてしまうと、
次にリバウンドをする度に、

 

基礎代謝が落ちて、
太りやすい体質になると言われています。

 

思い描く通りの減量を達成するためには、
リバウンドしない体質作りについて、

 

十分気を使うことが不可欠になります。

 

そのために、
運動をしたりするのが、重要なのですが、
継続するのは大変ですよね。

 

ですから、
簡単に継続できる、
ダイエット器具がたくさん売られていて、

 

人気もあるのですね。

 

参考リンク
人気の→ダイエット器具 通販

リバウンドのメカニズム関連エントリー

リバウンドしない為に
ダイエットに関する口コミや体験談などを紹介するサイトです